2009年5月25日月曜日

ウインドウズ7は期待通りか?

ウインドウズ7がパソコン関連雑誌で特集花盛りです。ビスタが不評でなかなかバージョンアップ
せずにXPでつかっているひとも多いようです。(じつは私もデスクトップはXPがバリバリ現役です。)
そんななかなので次世代のOSは期待も大きい。

ウインドウズ7の製品候補というべきROというのが5月7日に公開されたらしい。
それによると自分のパソコンが新しいOSで対応ができるのか診断ツールというものが
できたみたいです。

ソフトはまだ英語版だけれどもこれを使ってみると製品や部品がうまく対応できるのかとカ
解決方法を示してくれるようです。(ただ、私は英語がダメなのでなんらかの翻訳ソフトを
使うはめになりそうですね。)

ウインドウズ7でどこがかわるのか?
いろいろな雑誌にでているので読んでみた。なんせXPからすると10年近くなっている。

発売されるシリーズはどおやら6つ。
そのうち一般ユーザーはホームプレミアムかプロフェッショナル、アルテイメットから
選択する形となります。

動作スペックはビスタとほぼ同様かなあ。メモリーとグラフィックは高性能なものが
もとめられるということかなあ。
快適な動作をさせるならやはりメモリーが4Gとかフルに積みたいですよね。

機能はいろいろ強化されているけれどもなんかタッチパネルの強化や
ネットワークの設定がとっても楽にできるようなことが書いてある。
なのでこのあたりはとっても期待しちゃいます。なんせ無線LANとか
の設定は一番嫌ですからね。これがかんたんにできてホーム環境が
できるのはとってもうれしいかぎりです。

ウインドウズ7の発売は年内になりそうですね。クリスマス商戦に
間に合いそうですね。今後に期待。

0 件のコメント:

コメントを投稿

 
資産運用の原則